コンテンツメニュー

カテゴリで絞り込む

実施地域

記事内容

キーワードで絞り込む

トップページへ戻る

実施地区:東京

8月28日 新宿会場 作業部会企画会議の報告

●8月28日19時から2時間みっちりと、障がいのある人とない人のスポーツ・レクリエーション交流事業新宿会場の企画会議(スタッフによる企画検討会)を敢行!

総勢15名(ボランティア8名、実行委員等運営メンバー7名)。ボランティアの皆さんは交流事業は初めて・・・ということで交流事業の胆(きも)である「創るスポーツ・レクリエーション」のコンセプトと方法を皆で共有することにしました。

 

●体験は、次の2つの段階で実施。

集いに参加した人がしっかり楽しめ、手応えを感じられるスポ・レク活動を皆の声を集めて創る第1段階。

そして、スポ・レク活動の楽しさを味わうことは言うまでもなく、そのことを通じて相互理解を進める第2段階(まずはプレイの中で互いの人柄や気質、好ましい部分を知り合う!!名前や職業、住所などはこの後でお互いに知りたくなる)。

 

●考え試し改善しながらステップ・バイ・ステップで(創るスポ・レクの体感)

第1段階では、待ち時間が少ないほうがよい、うまく的に当たらなければつまらない、など参加者目線で意見を出し合い工夫しシャッフルボードを元ネタにしたスポ・レク活動を創りました。

第2段階では、第1段階で創った活動を、実際に試し行いながらみんなの声を集めて、これからも一緒に楽しみ交流を深めたいという気持ちを共有できる活動へと皆改善。また、スタッフ(本日は我々運営メンバー)も活動創りに楽しみながら一役買える方法も模索しました。

こうした体験を通して、交流事業が目指すところ、われわれスタッフが果たす役割などを実感・共有した2時間。本番への期待感が急上昇!

 

●今後

次回は、企画会議で創ったスポ・レク活動を土台に、9月15日の集いの参加者全員がしっかりプレイを楽しめ手ごたえを感じられるスポ・レク活動を創作する勉強会(9月11日)。お世話係でなく、参加者ひとりひとりが楽しみ、また、楽しさを周囲と共有してもらうためのスタッフの役割の追及にも取り組みます!

 

カテゴリー: 実行委員会, 東京

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です