コンテンツメニュー

カテゴリで絞り込む

実施地域

記事内容

キーワードで絞り込む

トップページへ戻る

実施地区:富山

富山県黒部市 準備委員会と勉強会報告

平成26年8月6日(水)10:00~11:50 於いて 富山県立黒部学園

「平成26年度「障がいのある人とない人のスポーツ・レクリエーション交流事業」

新川地域精神保健福祉協議会交流会 実行委員会設立会議を開催しました。

新川地域精神保健福祉協議会は、富山県東部に位置する富山県新川厚生センター(旧、保健所)に事務局を置き、毎年、交流会を30年以上開催されてきました。

これまで、ソフトボールからビーチボール大会などのスポーツ交流事業を中心に行われてきました。

年々、スポーツ試合に参加できる方が少なくなり、昨年度は、レクリエーション交流会に変更したところ、精神・知的・肢体に障がいのある方たちが、楽しく参加できる方が多くなりました。

障がいの有無に関わらず、だれもが心かよう街づくりをめざし、レクリエーション活
動をとおして、理解と親睦を深めることをねらって、今年度は、参加者が楽しみたいアクティビティを選んでできる、レクリエーション交流会を開催することになりました。

全体でのウォーミングアップから、レクダンス・クラフト・軽スポーツなどのコーナーを設け、各コーナーでは多彩なプログラムのアイディアを出し合いました。

次回、各コーナー担当者は立案予定です。

8月27日(水)15:00~16:30 於いて;富山県立黒部学園

実行委員会は、新川地域精神保健福祉協議会の交流会担当役員が参加し、今年度の開催要領の説明が担当者からありました。

交流会のプログラム(案)についての説明後、検討を行いました。

各コーナーに役員を中心に所属団体(更生保護女性会、メンタルヘルスサポーター、青年会議所など)が任き、チームワークで取り組むことになりました。

また、参加者に好評を得た「輪投げ」にも、スタッフとして主体的な動きが期待されます。

交流会が全体的に分かり易いように、プログラムや、各コーナーの動きなどの掲示物の工夫が配慮されることになりました。

次回は、各施設や事業所の職員も参加して、活動内容やグループワークなどの具体的な意見や検討などを行う予定です。

カテゴリー: 実施地域, 実行委員会, 富山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です