コンテンツメニュー

メニューを飛ばして本文へジャンプします

シンポジウム

▼ シンポジウムコンテンツメニュー

平成24年度開催概要

日時 9月21日16:00~17:30
15:30 受付開始(2階小ホール前にて)
会場 フェニックス・プラザ 小ホール
アクセス » 会場までの案内図PDFはこちら » グーグルマップを見る方はこちら

1. オープニング

【1】スポーツ・レクリエーションの新たな可能性とはなにか

【2】新たな可能性を開く事業モデル(交流イベント実践研究事業)の可能性と課題、課題を乗り越える方法について説明と解説し、シンポジウムの趣旨を共有する。

2. 取り組みの意義と可能性

  • ・新しいチャレンジのはじめの一歩としての交流イベントとは、どのような時空間なのか。
  • ・障がいのある人もない人も、スポーツ・レクリエーション活動を共に楽しむ、とはどんなことなのか。
  • ・なんのための、どんな役割・意義を持った交流イベントか。
  • ・15実践地域での成果はどのように活かされるのか(全国の取組みに向けた参考例、地域での継続的な取組み)。
  • ・実現に向けて、出会いから、日常的にスポーツ・レクリエーション活動を共に楽しみ、地域生活を豊かにする新しいつながり、仲間づくりへとどのように発展させていけるのかなど登壇者の立場から発表し、スポーツ・レクリエーション活動を共に楽しむことのイメージを共有する

登壇者(予定)

  • ・司会進行(日本体育大学 野村一路教授/田村あゆち・アナウンサー)
  • ・地域福祉の担い手の立場から(福井県社会福祉協議会)
  • ・地域でのレクリエーション支援の立場から(全国福祉レクリエーション・ネットワーク代表)
  • ・障がい者スポーツの研究・振興の立場から(同志社大学教授)
  • ・文部科学省の立場から(スポーツ・青少年局スポーツ振興課スポーツ指導専門官)

3. 課題とそれを乗り越える方法

それぞれの立場からの発表の後
障がいがありながら豊かなレクリエーションライフを送っている登壇者が加わり、課題と課題解決のアプローチを座談会形式でり、新しいチャレンジの意義(実践研究を行う意義)と課題の共有をおこなう。

4. 新しいチャレンジの課題の解決のアプローチ

登壇者の議論を聞いたフロアー皆様からの提言をいただき、新しいチャレンジの課題の解決のアプローチの共有をします。

定員・参加申込先について

締切 9月15日
参加人数に限りがありますのでお早めに申込みください。
定員(300名)に達した場合はお断りすることがあります。

公益財団法人日本レクリエーション協会
レク支援者育成チーム(担当:滝沢)
電話:03-3265-1893 fax:03-3265-1245
e-mail universal@recreation.or.jp

※上記申し込み先に、「9月21日シンポ参加申し込み」と明記のうえ、氏名、住所、電話番号・メールアドレス(いずれも携帯で可)を記入し、メールかファックスでお送りください。

※団体での申込みは直接お問い合わせください。

主催:公益財団法人日本レクリエーション協会

後援(予定):福井県、福井市、福井県教育委員会、福井県社会福祉協議会、福井市教育委員会、福井市社会福祉協議会、社会福祉法人全国社会福祉協議会、 公益財団法人日本障害者スポーツ協会、日本障害フォーラム、公益財団法人スペシャルオリンピックス日本、全国障害者総合福祉センター

» チラシダウンロード

■会場案内図

開催会場:フェニックスプラザ 小ホール

会場案内図 小ホール詳細画像