コンテンツメニュー

カテゴリで絞り込む

実施地域

記事内容

キーワードで絞り込む

トップページへ戻る

実施地区:

ボランティア5千人養成 16年全国障害者スポーツ大会

2016年に岩手県で開催を予定する第16回全国障害者スポーツ大会の県準備委員会(委員長・田村幸八県障がい者社会参加推進センター長、委員36人)は 31日、盛岡市内で第4回会合を開き、手話や選手団サポートを含むボランティア約5千人の養成を盛り込んだ準備運営計画を了承した。本年度から本格始動 し、関係団体や県民らが一丸となった受け入れを目指す。

 

委員28人が出席。県が障害者団体などと調整してまとめた計画案を示した。大会のボランティアは、手話や要約筆記を行う「情報支援」600人、来県から離県まで参加選手らを介助・誘導する「選手団サポート」800人、会場での案内などを担う「大会運営」3500人が必要と見込まれる。

 

選手団サポートボランティアは、県内の大学や専門学校などに協力を依頼する。大会運営ボランティアは大会に先駆け開かれる国体と連動した人材確保も視野に広く県民から募り、15年から研修を行う。

2016年に開催される第16回全国障害者スポーツ大会の概要はこちら

http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?of=1&ik=0&cd=45570

 

引用元 岩手日報 http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20130601_8

カテゴリー: イベント, スポーツ・レクリエーション種目, ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です