コンテンツメニュー

カテゴリで絞り込む

実施地域

記事内容

キーワードで絞り込む

トップページへ戻る

実施地区:

島根県「健常者と障害者のスポーツレクリエーション活動連携事業」

島根県は県スポーツ・レクリエーション祭を活用したモデル事業を4種目に決定しました。( 6月17日)

1 スポレク広場(主管:まつえレクリエーション協会)

 

2 グラウンドゴルフ(主管:益田市グラウンドゴルフ協会)

 

3 テニス(主管:島根県テニス協会)

 

4 オリエンテーリング

 

 

また、島根県の事業として県が3月に策定した「島根県スポーツ推進計画」に基づき、新たに「健常者と障がい者のスポーツレクリエーション活動連携事業」を実施。モデル事業の実施にあたり2つの団体が採択されました。

・総合型地域スポーツクラブを活用したモデル事業

隠岐レインボークラブ

・市町村・スポーツ推進委員協議会等でのモデル事業

浜田市立国府公民館

 

引用元 http://www.pref.shimane.lg.jp/hokentaiku/newsletter/syougaisya_kennjyousya_renkei_jigyou.html

 

このように多くの県が主体となってスポーツ・レクリエーション活動連携事業を行っていければ「21世紀における障害のある人のためのスポーツ振興」(日本障害者スポーツ協会)にもあるように「ノーマライゼーションに向けた豊かな地域社会構築に向けた役割」となったり、「障害者の積極的な社会参加と障害に応じた自立の支援への近道」となっていくのではないでしょうか。

カテゴリー: イベント, スポーツ・レクリエーション種目, ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です